Admin   *   New entry   *   Up load   *   All archives

花と緑のセブンデーズ 開講しました。 

4月27日木曜日 花と緑のセブンデーズ が、開講しました。

この講座は大津市公園緑地協会か主催する有料講座です。
13名の受講生が、晴天の陸上競技場前の協会本部に集いました。

DSC_8392.jpg
「花と緑のセブンデーズ」開講にあたって、協会の代表からご挨拶がありました。

DSC_8407.jpg
つづいて、今回の担当の協会スタッフの挨拶

DSC_8408.jpg
および、今後のスケジュール等の説明がありました。


今回の初日の講師に、ハートフルガーデナーの修了生で、
ハートフルガーデナーを引っ張って来ていただいているお一人の、
ローズクラブ代表が「花壇のデザイン」について講義をされました。

ガーデンデザインを勉強するために、
東京日比谷に足しげく通われた事を聞きました。
DSC_8458.jpg
にこやかに講義がはじまりました。

DSC_8465.jpg
受講生の方を引き込んで、いい雰囲気で講義が進んでいきました。

DSC_8504.jpg
取り組んでおられる花壇の紹介

DSC_8483.jpg
そして、本題の「花壇のデザイン」について、
まず第一に考える事は、周囲の道路、建物、
樹木との調和についてでした。

DSC_8484.jpg
花壇の色として、

DSC_8482.jpg
暖色、寒色、膨張色、後退色、同系色、反対色等等
色々な組み合わせをグループでディスカッションして、
紙にデザインをして行く・・・

DSC_8492.jpg
エクセルを活用して配色を考察する。

DSC_8497.jpg
また、植栽時の株間を実地で検証されて、
広い株間より

DSC_8498.jpg
20cmの株間にする事により、見栄えが、全然違う事が分かります。

DSC_8499.jpg
これぞボーダー花壇の見本のような花壇です。
花の高低差、色合いがベストマッチです。

DSC_8500.jpg
寄せ植え花壇として、楽しくなる色合いですね。

DSC_8489.jpg
そしてローズクラブ代表のこだわりが、種まきとポット上げです。
自分たちが種から育てた苗は「わが子のように可愛い」そして「強い」
と言われたのが、とても印象的でした。

DSC_8496.jpg
そして、予算が限られている事もあるので、
「市販の3号ポットの苗に比べて、安い!」
なんと一株あたり、現在26円で出来ると言われました。

今回身近な花壇でのガーデンデザインの講義は、大変勉強になりました。
色合い、植物のフォルムすなわち、草姿や樹形、花形、葉形、草丈
そして、材質感である、花や葉の手触りや見た時の印象など
植物のもつ材質感も花壇を作る際の要素として取り入れる。
事を教わりました。

ガーデンデザインは際限なく奥が深いな~と思いました。

今後の日程は、盛りだくさんのカリキュラムが組まれています。
最終日は、ハートフルガーデナーの紹介もさせて頂きます。
今回の講座修了後、新しい仲間が増えるかもしれません。

ご期待くださいね。

カテゴリ: ハートフルガーデナー

芝ざくら祭り 

4月22日 
やわらかい緑とピンクの絨毯に彩られた晴天の春
芝ざくら祭りが大津なぎさ公園一帯で開催されました。

IMG_20170422_103631.jpg
比良さんと琵琶湖を背景に芝ざくら!!
まさに、これぞ4月の大津なぎさ公園です。

IMG_20170422_103418.jpg
そしてもう一枚が、このプリンスホテルを背景にした芝ざくらです。

IMG_20170422_094910.jpg
芝ざくら祭りには、先着200名様に芝ざくらのプレゼントです。
綺麗な芝ざくらを協会が用意されました。
当日その芝ざくらの苗を、朝9時頃からハートフルガーデナーが袋詰め作業をしました。

IMG_20170422_095328.jpg
10時前には長蛇の列が出来ました。

IMG_20170422_095856.jpg
協会職員の方の合図で、10時にプレゼント開始しました。

IMG_20170422_095924.jpg
ハートフルガーデナーが手際よくプレゼントをしています。

IMG_20170422_101905.jpg
今回、芝ざくら祭りを盛り上げて頂いたのが、桟橋前での太鼓演奏です。

IMG_20170422_101933.jpg
到着したビアンカの乗客も一斉に甲板に出て来てこられました。

IMG_20170422_102433.jpg
プリンスホテル前の大津ならではの光景です。
春の のどかな土曜日の朝の一枚です。

IMG_20170422_101959.jpg
30分の熱演でした!!
終了後は、芝ざくら祭りに来られた方々の喝采でした。

IMG_20170422_094507.jpg
緑化サポーター募集のポスターも掲示はしました。
効果のほどはどうかは分かりませんが・・・

aIMG_20170422_095924.jpg
スタンプラリーの親子連れです。

今、なぎさ公園一面芝ざくらが満開です。
今しか見られない、なぎさ公園のピンクの絨毯に行ってくださいね。

IMG_20170422_105837.jpg
この花壇は、なぎさ公園ドイツレストラン「ヴルツヴルグ」の前の花壇です。
良く手入れされていて、すごく綺麗でしょう!!
まさしくこれぞ「春の花壇」!!

IMG_20170422_110008.jpg
樽ポットのチューリップも満開でした。

今年は桜が例年より1週間程開花が遅れましたが、
その他のお花は順調に咲いてくれているようですね。

カテゴリ: ハートフルガーデナー

2017年3月10日 城南宮観梅会 

2017年3月10日 城南宮のしだれ梅を見に行きました。

カテゴリ: ハートフルガーデナー

大津市役所前でヤーン・ボンビング始めました! 

毛糸を使った「ストリートアート」それが、「ヤーン・ボンビング」です。

ハートフルガーデナーが手編みをした作品を、大津市役所前の
「皇子山総合運動公園 国体記念広場」に飾りました。


IMG_4956.jpg
1月18日 一里山緑のふれあいセンターでヤーンボンビング作りの会議が開催されました。

IMG_4957.jpg
なにやら、沢山の毛糸が積んであります。

IMG_4959.jpg
会議終了後、早速慣れた手つきで毛糸を編み始めました。
目元はちょっとキツそうですが・・・

IMG_4960.jpg
普段あまり見慣れない真剣な表情です!

出来上がった作品アートを2月15日設置しました。
さて、どんな作品が出来たか見てくださいネ

DSC_7082.jpg
ビフォー
物さみし~い、冬の市役所前の公園です。

DSC_7085.jpg
頼もしい皇子山運動公園の競技場の男たちがやってきました。
作業開始!

DSC_7102.jpg
普段の作業とは勝手が違いますが、

DSC_7104_20170215222314ef3.jpg
脚立に乗って、次々と設置をし始めてくれました。

DSC_7097.jpg
徐々に手馴れて・・・

DSC_7114_20170215222317d51.jpg
協会の職員の方も、一緒に設置

IMG_4938.jpg
決して、自分の腹巻を取ってこの木に巻いたのではありません。ヨ~~

DSC_7154.jpg
ご自分の作品を見て感激されてます!

DSC_7147.jpg
冬の晴れ間にとってもいい笑顔ですね。

DSC_7190.jpg
細部の点検 OK!

DSC_7181.jpg
ヤッター これは大作です!!

DSC_7175.jpg
猫に負けなく可愛いい女子ですね?!

DSC_7160.jpg
木々の枝にも装飾していま~す。

DSC_7170.jpg
アートな並木道になりました。

DSC_7171.jpg
アートな木になりました。

DSC_7213_20170215224116341.jpg
アートな踏切前

では、出来上がったアートたちを見てください!
DSC_7211.jpg

DSC_7209.jpg

DSC_7210.jpg

DSC_7212.jpg

DSC_7206_2017021522403963e.jpg

DSC_7226.jpg
本日設置にご協力いただいた方々です。

設置後、次々と駅の乗降客、周辺を散策されている方が写真を撮られました。
スゴク関心が高く、これはいい企画でした。

是非みなさん、見に来てくださいね。

カテゴリ: ハートフルガーデナー

山崎蒸溜所に行って来ました。 

2月8日
前日は粉雪が舞っていましたが、今日は少しは暖かさが感じる晴れ間が覗く冬の一日でした。

aDSC_6878.jpg
お馴染みの、東海道本線から見える山崎蒸溜所工場です。

aDSC_6883.jpg
入ってすぐに、サントリーフラワーズのフィオリーナ花壇が私たちを出迎えてくれました。

aDSC_6888.jpg
ウイスキー見学会建物の入口です。

aDSC_6904.jpg
ツアーのスタート地点にあるミニチュア模型の展示です。

aDSC_6906.jpg
まず、ガイドの方からモルトウイスキーの製造工程の一連の流れのプレゼンがありました。

aDSC_6926.jpg
ここからいよいよ工場見学が始まります。

aDSC_6946.jpg
ウイスキーの原料はたった2種類です。
その一つであります、二条大麦。その微かな香りをココで感じます。

aDSC_6967.jpg
朝ドラ「マッサン」でおなじみになった、銅製のポットスチルです。
ポットスチルは、発酵の終わったもろみをアルコール濃度を約70%に高める装置です。

aDSC_6965.jpg
この部屋は大変暑いので、速足で通り過ぎました。とてもいい香りが漂っていました。

aDSC_6973.jpg
蒸溜で出来たニューポットを樽の中で長期間じっくり寝かせます。ここはその樽の熟成(貯蔵)所です。

aDSC_6995.jpg
ここは、ここの工場見学ツアーで一番人気のあるスポットです。

aDSC_6983.jpg
熟成された樽・・・

aDSC_6975.jpg
貯蔵所にある、左が12年 右が4年 貯蔵された樽です。

aDSC_6976.jpg
その違いは2つ
1、色
2、量
12年ものは、熟成の過程で量が減っており、この減った量を「天使の分け前」と言うそうです。

aDSC_7004.jpg
みなさん、ガイドさんの説明に聞き入っておられました。

aDSC_6998.jpg
そして、貯蔵所を進むと・・・

aDSC_6997.jpg
記念すべき樽に出会いました。
この樽が、1924年(大正13年)、山崎蒸溜所で最初に生まれた国産モルトウイスキーです。

aDSC_7008.jpg
そして、ウイスキー工場から出ると綺麗な水が流れていました。
これこそが、ウイスキーのもう一つの原料であります「水」です。

aDSC_7009.jpg
澄み切ったきれいな水。千利休が選んだ名水です。
山崎は、宇治川、桂川、木津川が流れ・・・

aDSC_7013.jpg
竹林、森林がたくさんあり霧がよく出る湿度の高い地域です。
それがウイスキー作りに最適であったので、日本中を探し回った鳥井信治郎がこの地にウィスキー工場を作られました。

aDSC_7017.jpg
工場を後にして、楽しく散策しています。

aDSC_7021.jpg
途中、奈良時代に建立された「椎尾神社(しいおじんじゃ)」がありました。
この神社の鳥居が・・・

DSC_7022.jpg
なんと、「ローヤル12年」の栓の形のデザインにされていました。
そして、鳥居にかかる桜の花びらをイメージしてブレンドしたと言うことです。
ウイスキー通のおじさんご存知でしたか!
私には、そのブレンドがどんな味わいなのか見当もつきません。

aDSC_7029.jpg
そして私たちは、お待ちかねの試飲会場に着きました。
ジャズが流れるその会場は、オシャレな別世界が広がっていました。

aDSC_7040.jpg
ホワイトオーク樽原酒、ワイン樽原酒、山崎原酒、そして市販の山崎ウィスキー

aDSC_7030.jpg
計4種の試飲をしました。つまみに、ナッツとチョコレートが添えてありました。

aDSC_7048.jpg
琥珀色の何とも言えない液体・・・

aDSC_7043.jpg
まずはストレートでいきました。

aDSC_7061.jpg
最初は、慎重に・・・

aDSC_7069.jpg
でもすぐに女子会のノリで「乾杯!」

aDSC_7059.jpg
水割り、ハイボールとどんどん進んでいき・・・

aDSC_7074.jpg
英語も流ちょうにお話をされて、オーストラリアの方とも仲良くなり・・・

aDSC_7075.jpg
ウイスキーライブラリーで皆さんで記念写真を撮りました。

80分の山崎蒸溜所見学ツアーはとても意義のある時間を過ごすごとが出来ました。
サントリーのCMはいつも好評だけあって、工場もとてもオシャレです。

冬の平日にもかかわらず沢山の方が見学ツアーに参加されました。
サクラの季節、新緑の季節は格別の装いがあると思います。
まだ、行かれたない方は是非行ってください。
お薦めですヨ!!

最後に「サントリーオールド」CMのリンクを貼っておきます。試飲会場にも音楽だけ流れていました。
https://youtu.be/Vu3Xyux4J8E

カテゴリ: 花遊クラブ